ナビゲーションを飛ばして本文へ

よくある質問
背景色を変更

文字サイズ

Q.大学に入学し、奈良市外で下宿することになりました。保険証はどうなりますか。


回答

○修学中の者に関する届出(国民健康保険法第116条)(マル学の届出) 
被保険者が国保法第116条の適用を受けるようになったときは、世帯主は、その適用を受けるようになった年月日・その者の氏名・住所・修学中の学校の名称・所在地・修学年限・在学年・被保険者証の番号の届出を市町村に提出することになっています。「マル学」といいます。  

平成20年4月から国民健康保険証は個人ごとに発行しています。「マル学」という制度は、奈良市外の修学地に住所を移しても、奈良市内の親元の住所地で、親元といっしょに国保に入る制度です。 親が修学中の者を含めて、国民健康保険料を支払う制度です。(普通は、住所を移すと、そこで、自分が保険料を払わなければなりません。)

 ※住所を修学地へ移す場合、そこの市町村で、国保に加入するかどうか尋ねられるが、親元で入っている「マル学」の制度対象者であることを住所地の市町村へ言う必要がある。それでないと、二重に保険料がかかってきます。 「マル学」の制度ができた理由は、学生は、保険料の均等割などを支払うだけの所得能力がないためです。 
  この制度を受けるには、親が入っている市町村民の健康保険に申し出する必要があります。
  修学中の本人の「学生証」又は「在学証明書」等が必要です。
  詳細は、国保年金課へお問い合わせください。

○注意 修学するため、奈良市から他都市へ住所を移す場合に届け出が必要です。住民票を移さない場合は、この届出は必要ありません。

<お問い合わせ先>
 【市役所国保年金課】
   [電話]  0742-34-4991

関連FAQ
関連リンク



Copyright c Nara City, All rights reserved